風俗もたまには高級店

好みの風俗嬢にねっとりしゃぶらせた

めちゃめちゃ好みのタイプの女性と一度だけプライベートで知り合ったことがあった。その時は、彼女の前でもじもじしてしまい顔を合わせることができずに終わってしまった。たぶん、自分自身の経験不足もあるだろうし、何といっても若かったんだと思う。あの時の消化不良な想いを何とか満たしたくて、自分はもう一度好みのタイプの女性を探してみた。ブログやインターネットの掲示板などいろいろ探してみた結果、同一人物ではないけど好みのタイプの風俗嬢を近所のデリヘルで見つけた。デリヘルを利用して風俗嬢を家に呼ぶ場合なら、お金だけの関係なので特に気を遣う必要もないし気持ちよくエッチもできる。しかも、好みのタイプの女性のアソコを舐めて愛液をじっくり味わうことができるなんて、あまりにもエロ過ぎて何度も射精してしまいそうだ。実際に、彼女に家に来てもらってからベッドで顔面騎乗をしてもらった。エッチな愛液を舐めているだけで肉棒からは我慢汁が溢れだらだらになった。彼女はそれをねっとりしゃぶって、口でしっかり精液を受け止めてくれた。